PROJECT DATA
所在地:大阪府大阪市
開店:2012年9月
業種:スーパーマーケット 新築
売場面積:544㎡(165坪)

013.jpg

ファサード(外観)全景
建物から全てマーヴェラスで設計させていただきました。

正面が北向きの立地で直射日光は入らないため、大きく開口をとりました。

入り口を中心にシンメトリー(左右対称)の落ち着いたデザインとなっています。


020.jpg

青果売場
このお店は各売場を異なるそれぞれのイメージでデザインしています。

青果売場はヨーロッパのマルシェの雰囲気で、テントをオリジナルで作りました。

埃などが溜まらないようメンテナンスフリーのデザインです。

セラミックの床は大きなアールをとり、柔らかさと動きを感じさせるデザインです。

絵画パネルは畑の風景など、全て手描きにこだわって作りました。


019.jpg

売場と連動する作業場
青果売場の奧に作業場を併設し対面機能をもたせてあります。

スタッフが効率のいい動きが出来るように動線計画を考えました。


006.jpg

日配品売場
楽しい雰囲気で買い物できるように壁面には手描きの絵をディスプレイしています。

実は写真右手壁面上には排煙窓があるのですが全く気になりません。

壁面には凹凸をつけ間接の照明効果により高質感を演出しました。


018.jpg

精肉売場
精肉売場は作業場と連動する活気溢れる対面売場となっています。

ケースの配置を曲げて「当たり面」を作ることにより変化があり、見やすい売場作りに成功しています。

床および天井のデザインをケースレイアウトにダイナミックに同調させています。


017.jpg

008.jpg

プロモーションスペース
売場の中央部に多彩な用途で使えるプロモーションスペースを設けています。

売場中央部の天井はシャンパンゴールドです。いい感じで光などの映り込みがあり、

売場に賑やかさや動きを感じさせることに成功しています。


007.jpg

島の魚作業場
独立した魚の作業場(裏面はドリンク・デザート売場)です。作業場の上部には

天井からボックスが下がっているようなデザインで、これが収納棚となっています。

向きによって目線が抜けるので圧迫感はありません。


023.jpg

惣菜売場
バイキング方式なので衛生面も考慮したガラスとフレームで囲われた惣菜売場です。

この売場も作業室と連動しているため、内装はメンテナンスし易い素材を選択しています。

建築的にはこの売場が排煙区画となっており、建築的な制約を逆手に取り意匠的に成功した例と言えると思います。


024.jpg

025.jpg

022.jpg

004.jpg

グロサリー売場
惣菜コーナーを出るとグロサリー売場につながっています。

壁面棚はオリジナルでデザインされ壁面にはモノクロ写真をディスプレイしました。

左側の島陳列棚はドイツ製です。エンドがアール形状となっています。


003.jpg

001.jpg

グロサリー売場
手前がレジコーナーとなりますが手前の商品棚の高さを低く、奧に向って高くしています。

これは売場作りの基本ですが圧倒的なボリューム感がうまく出ています。


002.jpg

ワイン売場
階段の形状をそのまま生かしたワイン棚をオリジナルで作りました。


028.jpg

パン売場
売場奧が吹き抜けとなった売場です。木の梁や白いレンガの壁で構成しました。

野田の本店のデザインを継承しつつ、より都会的なイメージでまとめてあります。

ロートレックの絵が描かれたお皿をディスプレイしました。これらも全て手描きです。


009.jpg

キャッシャー
おそらく日本(世界?)初の円形のレジカウンターです。反対側が青果売場です。

レジカウンター背面が円形の店事務所となっていてその壁がギフト棚となっています。


011.jpg

南口通路
南側にも入り口があります。洞窟のようなイメージで壁面は陳列スペースとなっています。


012.jpg