PROJECT DATA
所在地:東京都世田谷区
開店:2016年 新装
業種:スーパーマーケット
売場面積:276㎡(84坪)

006.jpg

小田急線 喜多見駅前
入り口より正面全景。

売場面積を効率良く使うためレジはサイドカウンターシステムを導入しました。

落ち着いた感じの木目柄の床。セラミックタイルです。

主役の食品がより引き立つように全体のトーンをまとめました。


008.jpg

青果売場
陳列棚の高さを可能な限り低く抑えて、外からの視認性を高めています。

空間にはパリのマルシェの写真とサインパネルをディスプレイしました。

全てオリジナルです。写真はパリにて設計者自ら撮影したものです。


003.jpg

柱の存在をを感じさせないように
この店舗はマンションの一階部分のため柱が多く、平面計画は苦心しました。

普通であれば邪魔な大きい柱をうまくレイアウトに取り込み、その存在を消すことを試みました。


002.jpg

精肉対面売場〜惣菜対面売場
鮮魚、精肉、惣菜売場はすべて作業場と連動しています。

この業態にありがちな装飾などは控え、客が商品に集中出来るよう考えています。

特にこれらの売場は周りよりも天井を一段下げて、落ち着きを感じられるスケールとしています。


001.jpg

日配品売場
売場最奧の変形スペースに冷蔵ケースをはめ込みました。

ケース上部に建築上の排煙窓があったため、白のルーバーで統一してすっきりさせました。

食品が描かれた絵皿をディスプレイし、空間に彩りを与えています。


009.jpg

お酒売場
この売場はお酒が映えるように明るめの木目でまとまています。

ワインセラーも木目のシートを貼ってトーンを合わせています。

ヨーロピアンなサインもオリジナルで作成しました。雰囲気が出ます。


007.jpg

キャッシャー
キャッシャーはコンビニと同じサイドカウンターシステムを導入しました。

カウンターの腰の部分にはお菓子類を陳列しています。

この売場も天井を周りよりも低くして、落ち着きを感じれるように考えています。


004.jpg

賑わいを出す
売場全体の天井に特殊形状のパネルを使いました。

カラフルな食品の色や光、歩いている人などが天井に反射して

客が「賑わい」を感じられるような効果を狙いました。


010.jpg

ファサード(入り口外観)
白いタイルの壁にグレーのテントをつけました。文字は白でシンプルに。

ロゴサインもこの店のイメージに合わせて新たに作成しました。

壁の中にLED照明が仕込まれていて、文字だけが品良く光るようなデザインです。