PROJECT DATA
所在地:大阪府大阪市
開店:2017年 改装
業種:カフェ、物販
面積:1階 155㎡(47坪)2階 155㎡(47坪)3階 155㎡(47坪)

020.jpg

駅前(環状線福島駅)の顔。
店舗はテナントビルの1区画ですが、ファサード(外装)には独立したイメージを持たせました。

両隣がドラッグストアと牛丼チェーン店で賑やかな顔に対してここだけ切り取ったような

シンプルで高質感のあるイメージを考えました

021.jpg

ショーウィンドーを兼ねたファサード
向かって右の手動のドアから入ります。パリのブランジェリーのようです。

質の高い照明に照らされパンが美味しそうに並んでるのが見えます。

1階でドリンク・パンなどを注文して2,3階でイートインできます。

001.jpg

入り口付近 パン売場
入り口付近のパン売場は奥の売場よりわざと天井を下げています。

入り口を低く、奥を高くしてちょっとした劇的な効果を狙いました。

天井はパンのモノクロフォトパネルとアルミミラーパネルで構成しています。

このパンの写真は設計者自らパリで撮影したものです。

パンの棚はステンレス製で床は白の大理石のモザイクタイルです。

007.jpg

1階売場全景
間口が狭く奥に長い店舗です。天井を高く取り、開放感を感じられるよう考えました。

左手が商品棚、右手がサンドイッチケースとカフェのオーダーカウンターです。

カウンター上部、ゴールドのペンダント照明器具はイタリアから取り寄せたものです。

006.jpg

1階売場奥よりの見返り
右手の商品棚はスチールで作成、奥行き200です。

左手にプロモーションカウンター、イベントや商品紹介をします。

カウンタートップ(天板)はクライアントの希望で白い大理石を貼っています。

ダークな空間に白い大理石の天板と床が映えます。

022.jpg

Bはビックビーンズの頭文字
ガラスパーテーションにロゴ。金文字です。